中道ヨーガの世界

心身の健康を求め、 中道(ニュートラル)を模索する、 ヨーガを主幹とした情報共有ブログ

バラココーヒー解説&テイスティング

 

コーヒー好きの皆さま

フィリピンのバラコ・コーヒーをご存知でしょうか?

えっ、フィリピンのコーヒー?
どうせ、ロブスタ種でしょ!と思うかもしれません。
確かにメインで栽培されているものはロブスタ種です。
しかし、今回紹介するバラコ・コーヒーはリベリカ種のコーヒーです。
 
私自身若い頃に珈琲専門店で働いておりましたが、バラコ・コーヒーに出逢うまでリベリカ種のコーヒーを飲んだことがありませんでした。
コーヒーマニアの方には浅い知識かもしれませんが、フィリピンのコーヒーの歴史、コーヒーノキ3原種についてざっくりと解説させていただきます。
 

フィリピンのコーヒーの歴史

コーヒーノキは18世紀半ばのスペイン植民地時代に修道士によって持ち込まれたというのが定説になっています。

その後コーヒーノキはスペイン人によってメキシコから輸入され、フィリピンでのコーヒー栽培が本格的にスタートするのです。

そして19世紀後半には世界第4位のコーヒー豆輸出国へと成長します。

しかしながらその繁栄も永くは続かなかったのです。

世界のコーヒープランテーションを襲ったさび病、フィリピンもまた例外ではありませんでした。

さび病の蔓延、害虫の被害が重なり、コーヒー栽培が衰退していきます。

しかし20世紀半ばにはアメリカ人の援助を受け、耐病性のある品種、つまりカネフォーラ種(ロブスタ種)の採用により、徐々に生産を取り戻し、現在に至っています。

 

コーヒーノキとは、アカネ科のコフェア属に属する常緑樹

 

コーヒー3原種

アラビカ種

特徴:香味に優れた高品質のコーヒー、病虫害に弱い

主な産地:エチオピア(アビシニア)高原が原産、世界各地

生産量:全生産量の約6~7割(カネフォーラ種との交配で生まれたハイブリット品種を含む)

 

カネフォーラ種(ロブスタ)

特徴:粗野、力強い香味、耐病性に優れ低地での栽培が可能

主な産地:インドネシアベトナム、インド、西アフリカ

生産量:全生産量の約3~4割程度

※主にインスタントコーヒー、缶コーヒーなどに配合、エスプレッソコーヒーブレンドに使用

 

リベリカ種

特徴:香味、耐病性ともにアラビカ種とカネフォーラ種の中間、ロブスタほどではないが苦味が強い

主な産地:西アフリカ、フィリピン、マレーシアの一部

生産量:ごくわずか

バラコ・コーヒーはリベリカ種

 

 

バラコ・コーヒー Kapeng Barako

バラコは、現地のタガログ語で、「イノシシ」、「繁殖用の牛」という意味、つまり、「力強いコーヒー」。

商業流通するコーヒー豆の1%以下の希少な種である、いくつかの原因。

  1. コーヒーの木が、他の品種よりもはるかに高く管理しづらいこと。
  2. 同じ生産量を確保するためにはより広大な土地が必要。
 
 
場所:東京
時間帯:午前11時
水:水道水
体調:イマイチ
 
機材
グラインダー: カリタ コーヒーミル ナイスカットG
ドリッパー:HARIO(ハリオ) V60
ペーパー:HARIO(ハリオ) V60用ペーパーフィルター ホワイト

 

 

バラコ・コーヒー
ブランド:K!CK-START COFFEE
焙煎度合:シティ?
焙煎日時:不明
 
 
抽出基準
コーヒー豆使用量:10g
メッシュ:中挽き(ナイスカットGのダイヤル5)
湯温:90℃
抽出量:150cc
 

水色:濁りなく透き通っている(メッシュが少し粗いことも原因かもしれない)

香り:イエメンのマタリを連想させるフローラルな香り、
        若干のトロピカルフレーバーあり(マンデリンのような)
酸味:トロピカルフルーツのような酸味
苦味:カカオのような苦味、ナッツを思わせるような渋み、深煎りやロブスタのような重い苦味ではない
甘味:軽い自然の甘みを感じる
 
 
最後に
 
体調が優れない状態でのテイスティングではありましたが、久しぶりにバラココーヒーを感じ楽しむことができました。
コーヒー好きではなくとも、フィリピンに渡航予定があるのであれば、
是非ともバラコ・コーヒーをお土産リストに加えてみては如何でしょうか。
コーヒーカップから広がるアロマ、美しい琥珀の水色、
アロマが鼻腔から脳へ駆け上がれば、美しい思い出がきっと甦るでしょう。
 
それではコーヒータイムにしましょう!
 
Yasu
プライバシーポリシー お問い合わせ