中道ヨーガの世界

心身の健康を求め、 中道(ニュートラル)を模索する、 ヨーガを主幹とした情報共有ブログ

「足るを知る」を実践する

 

中国の思想の本流は、王朝の為政者などに支持されていた、

孔子」を始めとする儒教

これに対して個人の処世の問題、生き方を説いているのが道家思想、つまり道教

この道教の成立に深く関わっている「老荘思想」、

つまり、『老子』と「荘子」を一つに纏めた思想のこと。

この『老子』の中にも度々登場する、『足るを知る』

 

例えば、

「足るを知る者は富み」、

「足るを知らば自ずから失わず」、

「足るを知らば辱しめられず」、

「禍は足るを知らざるより大なるは莫し」、                                                    と非常に感慨深い言葉の数々。

 

このように老荘思想には、現代でも通用する処世術が多くあります。

 

ここで、私自身が日々実践している、「足るを知る」、を紹介させていただきます。

 

足るを知る(物質編)

  1. 欲しいものと、必要なものの分別
  2. 購入前に今一度、必要か否かを自問自答してみる
  3. すべてのものは、無常と心得よう
  4. 断捨離の本質は、ものを極端に減らすことではなく、ものに執着しない自由な心をもつこと
  5. ものにも寿命がある、感謝して別れを告げよう

 

足るを知る(情報編)

  1. 情報の過多、氾濫したこの時世だからこそ、選別と断捨離が必要
  2. 情報もまた、タダではないと心得る
  3. 情報を鵜呑みにするのではなく、咀嚼する力を身につける
  4. アウトプット(有益な情報の共有)をすることで、新しいインプット(気づき、ひらめき)が得られる
  5. 情報にも寿命がある、最新情報にアップデートしよう(例えば、医学や食学の定義など)

 

最後に

 

『足るを知る』生活は、今この瞬間から簡単に始められます。

禅語に「日々是好日」という素晴らしい言葉があります。

この言葉もまた、「足るを知る」に通づる部分があるように思います。

 

良きも悪しきもあるがままを受け入れる深い心、

全ては自分自身が生み出しだものと心得る、

過去に縛られ、将来を思い悩み苦しむ必要はない、

ただこの刹那を精一杯生きること、

これらの積み重ねだけが、美しい未来という門の、唯一の鍵なのだから。

 

では

笑顔と深い呼吸を忘れずに

良い一日を

Yasu

 

プライバシーポリシー お問い合わせ