中道ヨーガの世界

心身の健康を求め、 中道(ニュートラル)を模索する、 ヨーガを主幹とした情報共有ブログ

中道ヨーガ メソッド

 

中道ヨーガは、

自分自身で中道(ニュートラル)を見つけ出し、

心身ともに健康で心豊かに生きるための知恵

指導者に依存するのではなく、自信をもたせ、独立心を育む

ひとりひとりが生徒であり、指導者になるためのメソッド

 

ヤマ、ニヤマ

ヨーギーである以前に、ひとりの人間としてヤマ(禁戒)、ニヤマ(勧戒)を出来る範囲で実践すること 

アサナ編

中道ヨーガに決まったシークエンスはない。

つまり中道ヨーガを学ぶ者は初心者であっても自分自身のシークエンスを準備しなければならない。

生徒は自分自身のシークエンスでそれぞれにアサナを行う(アシュタンガヨーガ、マイソールスタイル形式)。

常に呼吸を意識すること。

呼吸が安定していれば、アサナも自ずと安定する。

「明鏡止水」の境地 人は流水に鑑みるなくして、止水に鑑みる

イメージ

呼吸=湖面を波立てる風

アサナ=湖面(鏡)

呼吸が乱れていれば、アサナは心地よいものではないし、自分自身を客観的に観察することは難しい。

呼吸が穏やかで深いものであれば、アサナは自ずと安定し、鏡の前に立っているかのように自分自身を観察することができる。

木を見て森を見ずではないが、個々のポーズにフォーカスし一喜一憂するのではなく、一連の流れを大切にすること。

指導者、並びに経験者は生徒のアジャストはもちろんのこと、アサナの補足、シークエンス構築のアドバイスをする。

アジャストはその場限りのものではなく、本人に気づきを与えるものでなくてはならない。

アサナで最も重要なのは、プラーナーヤーマプラティヤ-ハーラを絶対に切り離してはいけないこと。
もしこれらを切り離して行ったのなら、それはストレッチや奇妙なポーズの体操で終わってしまう。
アサナ終了後のサットサンガ(真理の集い)。
特に堅苦しいものではなく、有益な情報の共有。
 

プラーナーヤーマ編

特別な呼吸法は行わない。

数分間の特別な呼吸法よりも、

日々の生活の中で深く長い呼吸を意識するほうが効果的。

※私個人の見解

強い呼吸が必要なときには、ウジャイ呼吸をする。

(高度なシークエンスでは自然とウジャイ呼吸になっている)

日に数回、呼吸をリセットする(意識)。
 

プラティヤーハーラ編

まずはマットの上でしっかりと感覚と意識を内側へ向けていく。

その積重ねで常に感覚と意識が内側に保てるようになる。

 

ダーラナー、ディヤーナ、サマーディ編

私の感覚では習得するものではなく訪れるもの。

種を蒔き、大切に育てれば、収穫の時は必ずやって来る。

 

以上が、中道ヨーガメソッドである。

何よりも大切なのはこの刹那を生きること。

 

Yasu

 

プライバシーポリシー お問い合わせ