中道ヨーガの世界

心身の健康を求め、 中道(ニュートラル)を模索する、 ヨーガを主幹とした情報共有ブログ

おすすめフィリピン料理

 
フィリピン料理と言われても。。。
あまりピンとこないですよね。
おそらくほとんどの方がそうだと思います。
せっかくのセブ島滞在、それなのに食事はウエスタン、ジャパニーズ。。。
無理して食べる必要はないですが、もったいないと思います。
現地の食を知ることは、その歴史を知ることでもあります。
またその料理は現地の気候、風土に適したものです。
 
ということでフィリピン料理をざっくりと解説していきます。
 
  1. フィリピンの歴史、地理上、スペイン料理、中国料理の影響を多少受けている。
  2. 統一国家という歴史を持たなかったフィリピンにおいては宮廷料理が存在しない。
  3. フィリピンは東南アジアに属しているものの、インドから遠く離れておりその他東南アジア諸国のようにスパイスやハーブを多用した料理が非常に少なくい。
  4. フィリピン料理を一言で表現するのであればマイルド。
  5. 東南アジア料理の特徴である、スパイシーで辛味の強い料理を求めている人には物足りなく感じる。
例えば、同じ子豚の丸焼き料理である
 
レチョン・バブイ(フィリピン)
バビ・グリン(バリ・インドネシア)を比べてみても全く違う
 
レチョンバブイ:全く辛くない、基本的には月桂樹とレモングラスの香りが香る程度。
バビグリン:やっぱり辛い。正確にはそれ自体が辛いのではなく、ラワールが辛い。
 
ラワールとは:
簡単に説明するのであれば豚の生血、すりおろした大量のココナッツ、刻んだジャックフルーツなどが入ったサンバル。
辛味の正体は大量のチャベ(唐辛子)
 
どうでしょうか?
なんとなくフィリピン料理をイメージできるようになりましたか。
 

おすすめフィリピン料理

※紹介する料理は私のフェイバリットであり、フィリピン料理全てではございません。
 
Sisig/シシグ
細かく刻んだ豚肉、タマネギ、にんにくを炒めた料理。
卵がのっているので熱々の鉄板の上で混ぜてから頂く。
お店にもよるが、スパイシーとノンスパイシーが選べる。少し脂っこい料理。
 
Lechon Kawali/レチョン・カワリ
レチョン・バブイの油で揚げたヴァージョン
ハニー・マスタードソースやガーリックソースなどで頂く。
 
Adobo/アドボ
チキン・アドボとポーク・アドボがあり、
お醤油、ヴィネガーなどで作ったマリネ液に漬け込み、煮込んだ料理
 
Manok Biaya/マノック・ビサヤ
地鶏のロースト
身がしっかりしていて脂身も少ない。クリスピーな皮がとても美味しい
 
Monggo/モンゴ
緑豆を使った塩味のスープ
体調の優れない時、お肉料理が食べたくない時に
 
Tinolang Shell/ティノラン・シェル(Halaan/ハラアン)
はまぐりを使ったあっさりスープ
トマトの酸味、ジンジャーと長ネギのアクセントが最高
 
Guso/グソ
海藻サラダ、ヴィネグレット・ドレッシング
お肉料理の付合せに
 
Atchara/アチャラ
青パパイヤの甘酢漬け
お肉料理の付合せに
 
Kinilaw Talong/キニラウ・タロン
ナスのヴィネグレット・サラダ
お肉料理の付合せに
 
Adobong Kangkong/アドボン・カンコン
空芯菜の炒めもの
お醤油、お酢が味付のベース、甘さがあるのがフィリピン風?
 
 
最後に
 
写真を載せていないので分かりづらいかもしれませんね。
すみません。。。
でもイメージしてみて下さい!
どんな料理がサーブされるのかワクワクしませんか?
食は旅行の醍醐味。
是非、現地の料理を五感で感じて下さい。
いってらっしゃい!
 
Yasu
プライバシーポリシー お問い合わせ